• ホーム
  • WordPressは何故SEOに有利と言われるのか?

WordPressは何故SEOに有利と言われるのか?

作業机に置いているPC

ブログやホームページを作成するには制作会社に発注する方法があります。しかしそれなりのクオリティのレベルのホームページの制作を依頼する場合、初期費用に数十万円から150万円程度に加えて更新作業費用やメンテナンスに月3-4万円ものコストが発生するのが一般的です。WEBマーケティングで収益に揚げるに当たり、この程度の費用をコンスタントに負担し続けるのは相応の規模の企業などに限られるのは確かです。だからといって各社の無料ブログサービスなどは、アフィリエイトやWEBマーケティングを実践するにしては、色々と制限を受けることになります。各ブログサービス会社のガイドラインの枠内での活動になるばかりでなく、無料サービスでは広告などは表示されてしまうので、検索ユーザーのニーズを効率的に取得するのは難しくなります。そこでおすすめのCMS(コンテンツマネンジメントシステム)がWordPressです。
そもそもCMSとはHTMLで構成されるホームページに比較しても簡単に作成できるだけでなく、作成後の更新も簡単に実線することができるメリットを持っています。数あるCMSのなかでもWordPressの使用が推奨されるのには理由があります。それは数多くのSEOの専門家が、WordPressがSEO対策への有効性を認め評価しているからです。特に注目を集めるのはgoogleの検索エンジン開発部門の責任者であるマット・カッツも、WordPressのSEO対策の有用性に太鼓判を押している点にあります。このマット・カッツという人物は、googleの検索品質グループと言う部署でスパム対策チームのリーダーであってSEO対策の専門家でもあります。マット・カッツは”WordPressはSEOの手法の80-90%に対応するように作られているので、SEOに関する多くの問題を自動的に解決してくれる”と発言するほど高く評価しているのです。
専門家では高い評価が定着しているWordPressの特徴の一つは、サイト構成の内部対策を自動的に解決してくれることです。つまりgoogleのWEBマスター向けガイドラインに記載されているサイト構成の内部対策を、ほぼ自動的に解決してくれるわけです。しかもWordPressはプラグインが豊富でカスタマイズが自由な点も指摘できます。必要に応じてプラグインを選択して自サイトに導入することで自由にカスタマイズが簡単に実践出来ます。このあたりにも専門家のみならずユーザーからも幅広く高い評価を得ている理由があるようです。