• ホーム
  • SEOを意識したキーワードの選び方とは?

SEOを意識したキーワードの選び方とは?

WEBマーケティングでSEO対策を実線するうえでは、キーワード選定は非常に重要な意義を持っています。検索結果の上位表示によって集客や売買などのコンバージョンを獲得するには検索ボリュームの大きいキーワードを狙うのは正攻法といえますが、多くの検索ユーザーの関心が高いので競合性も高いのは確かです。検索ボリュームの大きいキーワードは競合相手が多いため、検索トップや上位表示を目指すにはふさわしいコンテンツの質と量が要求されることになり、時間的にも金銭的にも大きな出費が余儀なくされることも想定されます。確かにビックキーワードは集客力が高いので、自サイトを検索上位に表示されれば大きなコンバージョンを期待することができます。しかしこのような局面では競合相手のなかには大手企業なども存在していることが一般的なので、SEO対策の難易度は高くなります。
そこで現実的に検索上位表示を狙うのであれば、検索ボリュームの小さいものを幾つかピックアップして組み合わせるロングテールキーワードを選定する方が、SEO対策の難易度を下げることが叶います。ロングテールとは検索ボリュームが比較的小さいものを複合して組み合わせることで、競合相手の少ないものを選定するという方法です。キーワードの選び方については、自サイトで想定しているペルソナに合致していることが必須です。どれほどコンテンツの充実に努めても、ユーザーの検索意図にそった内容が表示されない限り離脱率が高くなりコンバージョンにもつながりません。ワードの選び方が良く分からないときには、ツールを利用する方法もありますが、一種類に頼るのは賢明ではありません。なぜならツール類は検索結果を元に選定して提案するので、競合サイトも採用する可能性が高くなります。さほどの検索ボリュームを持たないワードを複合するロングテールキーワードを選定するにあたっては、複数のツールを使用して比較対照して判断することがポイントになります。
ところで検索エンジンのアルゴリズムは日々更新されている以上、キーワードの選定が適正化はこまめなチェックが有効です。アクセス解析状況を分析してくれるのが、サーチコンソールになります。サーチコンソールを使用することで、どの検索キーワードでトラフィックを得ているのかを客観的に把握することが可能になります。サーチコンソールの解析結果に大きな変動が観察されれば、その都度問題に応じたSEO対策をとることが必要です。