• ホーム
  • 良質なコンテンツの定義は何か?

良質なコンテンツの定義は何か?

WEBマーケティングで売上や集客などのコンバージョンを獲得するには、検索結果上位表示を目的にSEO対策に取り組む必要があります。最大手の検索エンジンGoogleではパンダアップデートやペンギンアップデートなどのアルゴリズムの更新の結果、良質なバックリンクを獲得することと並んで、良質なコンテンツの質と量をそろえることで、検索ユーザーに有益な情報を提供するWEBサイトを検索結果で上位表示させています。しかし、良質なコンテンツというと曖昧に聞こえますが、最近では検索意図にそっていることが一つの指標と認識されています。検索意図を重視することとは、ユーザーが検索する動機がどこにあるのかを分析することにつながります。検索意図に応じてクエリを分析する方法として、KnowクエリとGoクエリ・Doクエリの主な三種類に分析してSEO対策を検討する方法があります。
Knowクエリとは、あるキーワードについての知識や情報を取得したいときに使用されるクエリのことです。Knowクエリで検索するとユーザーの知りたいニーズに対応した検索結果が表示され、広告などは掲載されておらずスニペットにも検索キーワードが入っていない検索結果が表示されています。
Goクエリとは、どこかの場所に足を運んでみたい等のニーズに対応するクエリのことです。検索結果には移動を具体的にサポートするために地図が表示されています。
そしてDoクエリは、ユーザーが愚弟的に実線するときに必要はノウハウや、セルフでの解決策や解決の方向性を示した回答などが検索結果に表示されているはずです。
このようにGoogleがクエリの種類によって異なる検索結果を表示しているのは、ユーザーの検索意図を考慮しているからです。
SEO対策に活用するには、自サイトのジャンルにおいてどのような検索意図でユーザーがアクセスしてくるのかを、入念に分析する必要があります。サーチコンソールなどを活用することで際と流入キーワードの分析を行い、現況をこまめにチェックするのは有益です。場合によってはキーワードの見直しやコンテンツ内容の更新なども必要になってくるでしょう。実際に検索結果の回答内容などを実際に確認してみれば、クエリの選定がサイトで想定している方向性に沿っているのかをつぶさに確認することが必要です。あまりに方向性に齟齬をきたしていれば、クエリを抜本的に見直しすることも留意するべきでしょう。