• ホーム
  • 人の目につく点はSEOの最重要ポイント

人の目につく点はSEOの最重要ポイント

検索エンジンの結果表示を目にしても、WEBページの内容についてあらかじめ予測可能性を意を漏らせることがランディングしてもらうことの大前提になります。せっかく検索結果が上位表示されても興味を喚起することが大事です。ここで問題になるのが各種のタグの正しい使い方になります。SEO対策のうえでも大事なタグの正しい使い方について御紹介してまいりましょう。
SEO対策で重要なタグには、タイトルとメタ・ディスクリプション、そして見出しタグの主に3種類になります。検索ユーザーにとっても検索エンジンのクローラーにとっても、WEBページの概略を分かりやすく伝えるために、主にこれらの3種類を中心に最適化することがポイントになります。
タイトルはSEO対策の出発点になるものであって、考案するにはいくつかのポイントを抑える必要があります。コンテンツの内容に合致するような文言にして、前方にキーワードを配置して検索クエリとの関連性を強く持たせることです。簡潔なタイトルにすることも大事で、冗長にならないようにも気をつけて下さい。検索ユーザーにとってはキーワードが最初の糸口になるので、タイトルの文言には重要なキーワードを配することも重要になります。
ところで検索延引の検索結果を参照すると、WEBページの内容の概略が記載されているのに気付くでしょう。検索ユーザーの注目を集めて概要を理解することをサポートするのが、メタ・ディスクリプションタグになります。検索ユーザーの視点にたてば注目を集める端緒を提供するものですが、SEOの評価の対象になっていないので自動設定のままにしている方も少なくありません。しかし検索ユーザーにとっては、当該ページにアクセスするかいなかの重要な判断材料になるのでクリック率も左右するのは確かです。
もっともメタ・ディスクリプションを空欄にしておいても、検索エンジンがページ内から適切と思われる箇所を抜粋して表示してくれます。しかしメタ・ディスクリプションを完結で魅力的にまとめればクリック率の上昇を期待できます。120文字程度が基本ですが、モバイルフレンドリーな視点からすれば90文字以内にするのが理想的とされているようです。
WEBページの分かりやすさを担保するには、見出しタグの順番を考慮することもSEO対策でも大事です。見出しタグの順番を意識することで、ユーザーにもクローラーにもコンテンツの理解を促す効果を期待できるからです。