• ホーム
  • 中古ドメイン業者が定めたランクの指標

中古ドメイン業者が定めたランクの指標

SNSのアイコン

中古ドメインを購入するときに、専門業者の値段設定を参照するとリーズナブルなものから高額なものまで、実に価格帯がひろいことに気付かされます。中古ドメインは過去に運用履歴をもっているので検索エンジンからのコンテンツをインデックスしてもらった経緯や、検索ユーザーからの評価や共感を得ることで他のサイトに紹介してもらうなどして被リンクを獲得しているのが一般的です。いわばドメインの実力をしめすドメインパワーを獲得しているわけですが、実際のどの程度の実力なのかは値段設定だけでは実態に即した分析を行うのは困難なのが現実です。この点被リンクの数だけであれば、リンク先の中身や数を解析できる分析ツールは存在しています。しかし被リンク数の多寡だけで品質を評価すると、低品質なスパムサイトや相互リンクを目的にリンク先のみが列記されたような業者から獲得したサイトを多数保有している可能性があます。最悪の場合GoogleのWEBマスターガイドラインに違反して、ペナルティーを適用されている可能性もあります。またメインサイトのほかに無関係なサテライトサイトを数多く典型している中古ドメインの場合も同様に、相互リンクも自作自演と判断されてペナルティーを科されるリスクも存在しています。
このような中古ドメインの総合的な品質を判定することを可能にするのが、マジェスティックSEOという被リンク解析ツールです。かつてはGoogleが被リンクの品質をランク付けしたページランクを公開していましたが、現在では運用されていないのでマジェスティックSEOが被リンクの品質を的確に評価するのに必要不可欠な存在になっています。
マジェスティックSEOでは、サイテーションフローとトラストフローの2つの指標でドメインパワーを判定することになります。サイテーションフローという指標は、リンクポピュラリティーとは単純に被リンク数に比例して大きくなります。これに対してトラストフローは質の高い被リンク先からのバックリンクをもらうと高くなる数値です。サイテーションフローは低品質のリンクでも数字に反映されるので、トラストフローという指標の数値との兼ね合いでドメインパワーを判断することが必要になるでしょう。またマジェスティックSEOではメインサイトのほかにサテライトサイトを運営している中古ドメインについて、サテライトサイトを参照したいときにもすぐに発見できる機能が実装されています。従って中古ドメインのドメインパワーを多角的に分析することを可能にしています。