• ホーム
  • 中古ドメインへの乗り換えなら301リダイレクトを活用!

中古ドメインへの乗り換えなら301リダイレクトを活用!

新規ドメインをプラットフォームにWEBサイトを立ち上げたものの、なかなか検索順位の上昇が
見込めないような状況に直面することは珍しくありません。WEBマスター向けガイドラインに依拠したコンテンツの更新に努めているのに、検索エンジンのクローラーになかなかインデックスされない理由の一つと考えられているのが、いわゆるエイジングフィルターの問題です。エイジングフィルターとはGoogleが運用していると見られるアルゴリズムの一種で、新規ドメインを対象に適用されていると推測されています。エイジングフィルターはすべてのドメインの検索順位に影響を与えるもので、このアルゴリズムの適用を受けるとある時期よりすべてのコンテンツが検索順位圏外にされてしまいます。もっとも一定期間を経過すると検索順位は復帰してくるわけですが、数ヶ月程度の期間を必要とするのは珍しくないので更新することを停止してしまい事実上放棄されてしまう可能性があります。そこで検索順位表示までの時間短縮のために、中古ドメインへ引き継ぎをはかることで効率的なSEO効果を得ることを検討するのは合理的な選択と評価することができるでしょう。
もっとも中古ドメインへ乗り換えるにしても、検索エンジンの評価や被リンク効果の引き継ぎのためには、旧URLからの転送をはかることが重要になってきます。エイジングフィルターは一定危険経過すると元の検索順位に復帰してくるので、被リンク効果の引き継ぎの重要性は変わりありません。
そのために重要になるのが301リダイレクトになります。301リダイレクトとは、任意のURLから別のURLにサイト訪問者を恒久的に転送するコードのことです。301リダイレクトを実線する意義は、既存ユーザーを移転先のURLに誘導するだけでなく検索エンジンに重複コンテンツとしてSEO評価を下げられないようにすることにあります。
301リダイレクトの設定ではhtaccessファイルを用意することが必要不可欠になります。htaccessファイルをメモ帳やテキストエディタに必要な内容を記述し、”htaccess”で保存するだけです。
301リダイレクトが正しく行われているのかを確認するには、チェックツールを使用します。301リダイレクトのチェックツールには、”リダイレクトチェックというサービスが提供されているので、一度確認して正常に転送される状態になっているかを確認することをおすすめします。”