• ホーム
  • レンタルサーバーならXSERVERか?

レンタルサーバーならXSERVERか?

ノートPCでタイピングしている人

ドメインを取得しWEBサイトを構築する場合、検索ユーザー(クライアント)が閲覧できる状況をととのえる必要があります。クライアントが何らかの検索クエリでWEBサイトを訪問する場合は、特定のドメインに対応するURLをリクエストしたときに、WEBページ内容のデータを取得することができる子化が必須といえます。この時に必要になるのがサーバーです。自らサーバーを構築すると、24時間サーバーを稼動状態におく必要があるので電気料などの問題から現実的ではありません。そこでレンタルサーバーを利用するのが一般的です。そこでWEBサイトを開設するには、サーバーを貸し出すレンタルサーバーを利用することが必須になるわけです。レンタルサーバーを利用すれば、業差者側でサーバー構築に必要なPCなどはすべて用意してくれるので規定の利用料金を支払うだけで済みます。
なおレンタルサーバーを利用してWEBサイトを公開する場合、管理者はサイトのデータを業者のサーバーに転送することになります。他方でWEBサイトを閲覧したいクライアントは、業者が運用するサーバーにアクセスして必要なコンテンツを閲覧するということになります。
ところで数あるレンタルサーバーのなかで、処理速度や安定感・多機能性を実装しているXSERVERは高い人気を誇ります。XSERVERは処理速度や安定感・多機能性を重視しており、WEBマーケティングにも安心して活用することのできるアクセス数に対する応答時間の速度や、アクセス数が増加しても簡単に落ちない安定感や多彩な機能性を具備しています。
また少なくともレンタルサーバーは継続的にしようすることになるので高額な料金では、長期的には重い固定費負担になってしまう可能性があります。この点XSERVERは月額料金が900円からとなっていて高額の固定費負担にあえぐ心配を抱く必要もないわけです。
ところでレンタルサーバーを選ぶときには、転送量と応答時間も自サイトにランディングした検索ユーザーの直帰率を低く抑えるためにも重要な要素です。転送量とは検索ユーザーのもとに転送するデータ量のことで画像データなどを含むと急激に増えることになります。XSERVERではデータ転送量が増加してもデータ処理の速度が下りにくい高い安定感を誇るので、検索ユーザーにとっても処理速度の遅延による直帰といった事態を回避できるのでメリットが大きいといえます。