• ホーム
  • サイト改善はユーザーの使いやすさを追求するべし

サイト改善はユーザーの使いやすさを追求するべし

検索ユーザーのトラフィックを増加し、売上や集客などのコンバージョンにつなげるためには検索ユーザーにとって訪問したWEBサイトが使い勝手がよいことが必要です。具体的に検索ユーザーの使い勝手の良さを構成するのは、ユーザーインターフェイス(UI)とユーザーエクスペリエンス(UX)の2つからなります。UIとUXの違いは何でしょうか。例えば有名な温泉地の老舗旅館と、そこで供されるアメニティ体験の関係性に例えることができます。どれほど歴史も風格もある旅館であろうとも、従業員の態度や提供される食事やイベントなどの満足度が高ければUXは高いと評価されることになります。これをWEBサイトの運営に当てはめれば検索ユーザー中心主義を貫く、ということになるでしょう。
有益なコンテンツの提供を重要視するのは、Googleのガイドラインにおいても明らかにされており度重なるアルゴリズムの更新も同一線上に位置づけることができるものです。仮に検索結果を目の当たりにしてもクリックしにくい状況であれば、問題点をあぶりだしてサイト改善に取り組んで利便性を向上させる必要性に迫られます。
まずUX目線で作成されたホームページであれば、対象ジャンルについてアイデアをもとにコンテンツを作成し反応を見ながら、よりユーザーにとって価値のたかいページ作成に取り組むことが基本です。ランディングしたページからの離脱率をさげ、リンク先へのアクセスなどにつながり回遊性を高めることにもなるはずです。
また、クリックしにくいページになってしまう理由の一つに、表示速度の問題があります。いわゆる8秒ルールといわれるものですが、表示速度が8秒を超えると他のサイトに移る傾向が顕著になって離脱率も高くなってしまいます。最近ではモバイルユーザーが急造しているため8秒すらも見直されつつあります。モバイル端末では3秒以内にページが表示されることが離脱率の分水嶺との見解も、Googleが明らかにしています。サイト改善の一環に表示速度の改善も検討する価値が高いと言えます。
Googleのガイドラインにおいても、サイト内の回遊性を高めるための内部構造の改善が推奨されていますが、内部リンクを適切に配置することは、ユーザーの利便性を高めクローラーのページ理解を用意にするものでサイト改善対策においても重要な地位をしめます。リンクを適切に配置し分かりやすい際と構造の構築に取り組むことも不可欠の視点といえます。