News
PCを使う女性

新規にオウンドメディアとしてサイトを立ち上げるときには、WEBマーケティング戦略を構築するにはSEO対策を実践することは必須の作業になるといえます。
SEO対策とは、Googleを筆頭に検索エンジンにおいて検索結果の上位表示の獲得を目指すための一連の対策のことを指しています。
一般的には新規ドメインを取得することをまず検討することになるでしょう。
しかしSEOを視野にいれると必ずしも新規ドメインを取得することが合理的とは判断出来ない場合があります。
そこで中古ドメインのSEO効果をフルに活用するという選択があります。
それというのも中古ドメインは過去に運用履歴を持っているので、検索エンジンからクロールを受けてインデックスされ評価されて成果を保有しています。
つまり既にドメインが評価されているのでサイト運営を開始してコンテンツを追加すると、検索エンジンからもインデックスしてもらえる可能性が高いので、検索結果表示に反映されるまでにさほどの時間を必要としないというメリットを持っているわけです。
さらに過去に運用履歴を保有していることは検索エンジンにクロールしてもらうことでインデックスされやすいメリットばかりでなく、被リンクをある程度獲得している点も指摘することはできます。
過去の運用履歴において優れた内容のコンテンツを公開していれば、検索ユーザーから高い評価を得ることで被リンクを数多く獲得する成果を引き継ぐことになります。
従って検索エンジンからも高い評価を承継することになるので、コンテンツを更新すれば上位表示されやすい特徴を持っています。
同様の問題は新規ドメインでサイト運営を開始した場合と比較すれば、SEO対策の一環に中古ドメインを利用することの優位性は明らかになってきます。
新規ドメインには過去の運用履歴が一切ないので、検索エンジンからクロールされてインデックスされた経験をもっていないので、そもそも検索エンジンのクローラーから認識してもらうまでにある程度の時間が必要になります。
検索結果に反映されるまでの時間は数ヶ月程度かかる場合もあることからその間、検索結果が下位に沈んだままでもコンテンツの追加や充実に努めなければなりません。
当然のことながら、WEBマーケティングではめぼしいコンバージョンを得ることができない事態を感受しなければならない訳です。
したがって中古ドメインを選択する方が、新規ドメインよりも有利と結論付けることができます。